profile

小川 洋平 / YOHEI OGAWA

すきま音楽家。兵庫県神戸市出身。

ヴァイオリン演奏から音楽に触れる。14歳でギターに転向。同時に細野晴臣の音楽に出会い、日本語の音楽・世界の音楽に興味を持つようになる。大学院中退後、BGM・SE制作と並行してライブ活動を行う。2015年「飄々と突風」で全国デビュー。2017年「朝と夜の日々」ではフォークやブルース、ジャズらアメリカンルーツミュージックをごった煮し、独自の日本語ロックを展開。続いて2019年「Orange Peel」では、R&B・ソウルやエキゾチカらも取り入れ、より色彩豊かな表現を追求するも、過労から適応障害を発症。療養を余儀なくされた。そんな中でも自身の音楽を追求することはやめず、回復後の2021年「Absolute Home Dance」を発表。独特の温かみのあるヴォーカルと、アコースティックな質感のサウンドは深みを湛え、変わらず独自の音楽を探究している。

主な作品

2017年「朝と夜の日々」

2019年「Orange Peel」

2021年「Absolute Home Dance」

タイトルとURLをコピーしました